クロスカットCC1000 本体キット の 基本情報 の ページです

本製品のコードNo.は

KT-VF1856

です

本製品は原則としてECサイトのみの取扱いとなっております

動画のご紹介

現在、動画はありません

適合規格

ISO 2409, ISO 16276-2, JIS K 5600-5-6

AS 3894.9, AS 1580.408.4, ASTM D 3359-B, ECCA T6, EN 13523-6

特徴

  • 海外では採用が多いロータリー式ブレードを採用しています。
  • 1 つのロータリブレードにつき8か所の切込みエッジが利用できるため、刃交換8回分を 1 つのロータリー刃で済ませることが可能です。
  • エッジ交換は秒単位で行えます(レンチで6角ボルトを緩めてロータリーを回すだけ)。

仕様

製品名内容
ロータリー刃式
クロスハッチカッターCC1000 本体キット
(刃は別売)
  • 本体ホルダー
  • ブラシ※2
  • ルーペ※2
  • テープ※3
  • ハードケース

※刃は付属いたしません。

  1. 11本による100マス試験を規定したJIS K5400では多重刃の使用は認められていません。
    多重刃を用いた場合はASTMに準拠した試験になりますのでご留意ください。
  2. 柔質素地の場合は、テープは用いずにブラシでこすってルーペで状態を観察します。
  3. テープは規格に基づく検査成績書の発行等に対応しておりませんのでご了承ください。
    JIS K5600に適合する粘着テープをご入用の場合は、別途お求めください。

<カットの間隔について>

0~60μm: 硬い素地の場合 1mm間隔
: 軟らかい素地※1の場合 2mm間隔
61~120μm: 硬い、軟らかい素地※1の両方とも 2mm間隔
121~250μm※2: 硬い、軟らかい素地※1の両方とも 3mm間隔
  1. 軟らかい素地:軟質ゴムや皮革などで、一般の樹脂塗装品は硬いものと考えるのが一般的です。
  2. 250μmを超える場合にはこの規格は適用できません。単一カット方法は適用可能です。

校正証明書・検査成績書・適合証明書

ご購入時校正証明書メーカー校正無償。英文の校正証明書(Calibration Certificateの1枚)。トレーサビリティ系統図は付属しません。
国内校正有償。トレーサビリティ体系図を含むいわゆる3点セットになります。
検査成績書メーカー検査校正対象品です(校正証明書内の検査結果の欄をご覧ください)。
国内検査校正対象品です(校正証明書内の検査結果の欄をご覧ください)。
継続ご使用校正証明書メーカー校正有償。原則として1年に1回。英文の校正証明書(Calibration Certificateの1枚)。トレーサビリティ系統図は付属しません。
国内校正有償。トレーサビリティ体系図を含むいわゆる3点セットになります。
検査成績書メーカー検査校正対象品です(校正証明書内の検査結果の欄をご覧ください)。
国内検査校正対象品です(校正証明書内の検査結果の欄をご覧ください)。
適合証明書メーカー発行Certificate of Conformity などのタイトルで発行される文書で、適合するISOの番号が記載されています(英文)。
:対応しています、✕:対応していません、ー:対象外です